about iii kv

Incubation & Innovation Initiative(III[トリプルアイ])
について

About Incubation & Innovation Initiative (III or Triple I)

The Incubation & Innovation Initiative (III) is a consortium of business development
established by the Japan Research Institute, Ltd. in 2016. With multiple sectors, III aims to
commercialize highly innovative technologies and business ideas that are key elements that make
up Japan’s growth strategy and to revitalize the Japanese economy.

VISION

“The Center of Innovation Eco-system”

With COVID-19 crisis during the fourth industrial revolution, III envisions to build an
innovation ecosystem that creates value in the increasingly complex market, economic and social
environment, and thereby to lead revitalization of the Japanese economy.

STRATEGY

Open Innovation Platform – NEXT (New Emergence X-Tech) –

Collaborating with private and public sector, III focuses more on creating new industry and on
new business development in the COVID-19 crisis and in the post-COVID-19. To execute our
strategy, III develops a new open innovation network where consortium members share and utilize
the assets of both private and public sectors (human resources, goods, financial resources,
information and technology, legal system, and business areas covered).

ACTION

1

地域間連携:DX City Alliance w/ Super & Smart City Architecture
ポストコロナ社会のビジョンを示すため、III後援自治体を中心とした連携体制を構築し、IIIが伴走支援し、スーパーシティ/スマートシティの枠組みを活用しつつ、新たな次元の地方創生を実現致します。もって我が国の未来の地域の在り方について提言すると共にモデル地域をIIIプロジェクトとして支援いたします。

1

DX City Alliance with Super & Smart City Architecture
In order to present the vision of society in the post-COVID-19, III collaborates with
local governments participating III consortium, and supports them to realize their local
revitalization, taking advantage of the super city/smart city framework proposed by the
central government. With this action, III will make policy recommendations on regional
management in the future and will support model project areas.

2

新たな官民連携:Next Generation Public Private Partnership (Next-gen PPP)
ウィズ/ポストパンデミック社会において、都市と地域の関係性やあらゆる既存の産業構造にもパラダイムシフトが起こることが予見されます。DX City
Allianceの下、既存の枠組みを超え、スタートアップ、既存企業、自治体が連携した体制で新たな地域社会経済システムや持続可能なモデルを研究し、IIIがThink &
Do-TankとしてVISIONの達成を目指します。

2

Public Private Partnership in the Next Generation (Next-gen PPP)
In the COVID19 pandemic crisis or in the post-COVID19, a paradigm shift is expected to
occur in the relationship between cities and regions and in existing industrial
structures. Under the DX City lliance, a new socio-economic system and sustainable
development model will be studied collaborating with multiple stakeholders such as
startups, existing companies, and municipalities beyond the existing framework. III aims
to achieve VISION as Think & Do-Tank.

3

DX化/スマートシティの推進:DX & Smart City Accelerator
人々が幸せに暮らせる人間中心の未来社会のビジョンであるSociety 5.0を実現するために、DX化およびスマートシティを推進することが求められています。
DX City Allianceを意識し、民間主導でウィズ/ポストコロナ時代の産業構想を掲げ、New Normal
Serviceの開発、IIIプロジェクトとしてのテストベッドでのPoC(Proof of Concept)、実証実験を通じ、社会実装を目指します。

3

DX&Smart City Accelarator
In order to realize Society 5.0, the Japanese government vision of a human-centered
future society where people can secure their quality of life, DXification and smart
cities are essential.
Based on local city alliance established by III, III raises a new industrial initiative
in the COVID19 crisis or in the post-COVID19 that is led mainly by a private sector,
develops necessary services in New Normal era, and conducts the Proof of Concept for
implementing it in the society.

活動内容

オープンイノベーションを実現するため、下記の取組みを実施します。

Activities of III
To realize open innovation, III organizes and implements the following activities;

研究会

コンソーシアムメンバーおよび協賛・後援団体が特定のテーマに関する新規事業開発を実施する場を設け、各自治体・異業種連携によるイノベーションを実現します。また、自主調査、事業開発、実証実験を通じた政策提言の実施に向けた検討を行います。

Study Group

To realize open innovation with multiple stakeholders in both private and public
sectors, III provides various opportunities for the consortium members and the
supporting organizations to develop and test their ideas of new business on specific
fields. The consortium also makes up policy recommendation based on III’s own research,
business development projects as well as social demonstration experiments.

Site Visit

各自治体・企業の取組みをコンソーシアムメンバーおよび協賛・後援団体が実際に視察し意見交換する場を設け、各自治体・企業間連携による新たな事業開発を促進します。

Field Visit

To promote new business development in local areas practically, III organizes field
visits for the consortium members and the supporting organizations to deeply understand
the current initiatives of local revitalization taken by the local government and local
companies.

Smart City Challenge

まちの課題解決・価値創出に関するアイデアや技術を用いたビジネスプランを募集するプログラムを開催します。より魅力的なみらいのまちづくりを見据え、フィールドでの実証実験、コンソーシアムメンバーとのマッチング等の支援を実施します。

Smart City Challenge

To develop the attractive city in the future, III organizes a unique program in which
III calls for ideas and business plans to solve urban social issues and to create value,
conducts demonstration projects in some local areas selected to test those ideas and
makes up collaboration with consortium members.

多様な専門性を持つコンソーシアムメンバーや協賛・後援団体等が協働することで、
イノベーションを創造し、産業創造、社会変革の実現を目指します。

コンソーシアムメンバー

協賛・後援

※協賛メンバーは確定次第、順次掲載してまいります。

活動実績

総会・研究会

開催回

開催日

主な議題

参考資料

2021年度第6回研究会

2022/2/18

1. デジタル田園都市国家構想の現状と注目すべき政策トレンド
2. 意見交換
3. 技術サロン優秀者ピッチ:実用化を目指す技術シーズ紹介
 - 国立研究開発法人日本原子力機構

2021年度第5回研究会

2022/1/14

1. スーパーシティ/スマートシティに関する情報アップデート
2. 各自治体のまちづくりに関する取り組みご紹介
 - 鹿嶋市
 - 堺市
 - 橿原市
3. 意見交換
4. 事務連絡

2021年度第2回政策研究会

2021/12/24

1. テーマに関する情報紹介
2. 各自治体からのエネルギー政策に関する取り組みご紹介
 - 山梨県
 - 浜松市
 - 北九州市
 - 尾道市
3. 諸連絡

2021年度第3回総会&第4回研究会

2021/12/13

■総会
1. これまでのコンソーシアム活動に関する振り返り
2. 事務連絡
■研究会
1. 最近のスマートシティ/スーパーシティに関するアップデート
2. 「建物OS・都市OSが拓くあたらしいまちづくり―豊洲スマートシティ」
 - 清水建設株式会社 スマートシティ推進室 谷口精寛氏
3. 意見交換

2021年度第3回研究会

2021/11/19

1. スーパーシティ/スマートシティに関する情報アップデート
2. 加賀市のスーパーシティ/スマートシティ推進に向けた取り組み
 - 加賀市スマートシティ課 リーダー 細野氏
3. 意見交換

2021年度第1回政策研究会

2021/10/29

1. 京都市とソニー・ミュージックソリューションズが創るアニメイベントの在り方
 - ㈱ソニー・ミュージックソリューションズ ライブ&イベントソリューションカンパニー
2. クリエイティブのちからで、地域の文化と伝統をつくる。空間プロデュースの実例紹介
 - ソニーマーケティング㈱ ロケーションバリュー企画室

議事次第

2021年度第2回総会・第2回研究会

2021/10/18

■総会
1. これまでのコンソーシアム活動に関する振り返り
■研究会
1. 事務局より最近の政策動向について
2. 大阪公立大学開学に向けた動向と大阪府と連携したスマートシティの取り組みについて
 - 大阪府立大学 副学長 藤村紀文氏
3. (議題・意見交換)子供の貧困問題等についてスマートシティはどう寄与できるのか?
 - 大阪府立大学 学長補佐地域保健学域 教育福祉学類 教授 山野則子氏
 (内閣府 貧困状態の子供の支援のための教育・福祉等データベースの構築等に向けた研究会 座長(2021 年))

議事次第

2021年度第1回研究会

2021/9/17

1. 東からのスマートシティに関する情報アップデート
2. 浜松市デジタルスマートシティ政策の経過や取り組みについて
3. 全体討議

議事次第

2021年度第1回総会

2021/8/20

1. 今年度新規施策の説明(政策研究会、オープンイノベーションプログラム等)
2. 東からのスマートシティに係る情報アップデート

議事次第

Site Visit

開催回

開催日

訪問場所

参考資料

2021年度第1回:山梨サイトビジット

2021/9/15

■山梨大学燃料電池ナノ材料研究センター/見学・ディスカッション
 - 案内:山梨大学燃料電池ナノ材料研究センター
■米倉山電力貯蔵技術研究サイト/見学・ディスカッション
 - 案内:山梨県企業局新エネルギーシステム推進室
■勉強会・意見交換会

※活動実績は随時掲載してまいります。